無料査定専用ダイヤル
0120-989-403

ライブオークションを楽しむために

カープライスで査定を申し込むと、全ての方が体験できるライブオークション。ここではライブオークションを体験する前に知っておきたい、 ライブオークションの仕組みやオークションの楽しみ方などをご紹介します。

※動画のオークション画面は最新バージョンではありません

オークション画面の見方

①現在の入札総数
②現在の最高入札価格(自動車税未経過分相当額を含む)
③ウリキリメーター
   ウリキリ価格を超えると「レインボーカラー」に変わります
④入札した中古車販売店の所在地と入札された金額
⑤オークション最終価格
オークション最終価格から成約手数料1万円(税抜)を引いた価格がお客様へお支払いする金額となります。
※ウリキリ価格とは、「この金額を上回ったら売ってもいいな」というお客様の希望金額です。 ウリキリ価格より高い値段がついた場合には、売買は成立となります。 ウリキリ価格を設定することによって、 中古車販売店は「この金額以上で入札すれば買えるんだ!」と積極的に入札し、結果として希望金額以上に競り上がる可能性が高まります!

ライブオークションを楽しむためのポイント

オークションはラスト1分が本番?!

ラスト1分からがオークションの醍醐味!車を競り落とそうと多くの中古車販売店が集中して入札します。 さらに延長機能もあるので、価格はグングン競り上がっていきます。その様子を見て、 「もうひと声!」と言ってしまうほど、 お客様も査定士もついつい熱が入ってしまいます。 査定士と一緒に高額買取を目指すのもライブオークションならではの楽しみ方です。

意外なところから入札が?!

ライブオークションのモニターには、中古車販売店が入札した際、その所在地が表示されます。 ライブオークションに参加する中古車販売店は全国にいるので、北は北海道から南は沖縄まで、 欲しい車があればどこからだって入札します。もしかしたらアフリカから入札なんてことも?!

どうしてオークションは10分なの?

ヤフオクは長くて1週間、中古車オークションでは数十秒という早さでオークションが開催されます。 カープライスのライブオークションはどうして10分なのか?それは、中古車販売店が車情報をチェックする時間と入札する時間を総合すると、 10分がオークションに最適だから。長すぎては入札が間延びしてしまいますし、 短すぎては中古車販売店が車両をチェックする時間がなくなってしまいます。
カープライスのIT技術を用いたからこそ、実現できる10分なのです。

中古車販売店はどうやってオークションに参加するの?

オークションの開催が決まると、中古車販売店専用のオークションアプリに、開催のお知らせがプッシュ通知で届くようになっています。 中古車販売店は、通知がほしい車両を予め登録し、出品があった場合にすぐオークション参加ができるようになっています。 あなたの車が欲しい中古車販売店がすぐに全国から集まるため、高額買取が実現します。 また、あなたの愛車を高く買取ってくれる中古車販売店探しを、カープライスの営業スタッフも密かにお手伝いしています。

オークションアプリの面白い仕掛け

入札する中古車販売店のオークション画面はどうなっているのか、知りたくありませんか? 中古車販売店専用のオークションアプリには、ウリキリ価格までの達成度合いを示す「ウリキリメーター」がついています。 入札価格がウリキリ価格に到達すると、ウリキリメータ―はレインボーカラーへと変化し、光り続けます! 中古車販売店はウリキリ価格に近づいてくると、一気に競り合いを始めます。 レインボーカラーは、「さぁ、ここからがオークションの本番!」と始まりの合図でもあるのです。